カウンター1 カウンター2 中国地方の仏壇の引越し・預りは、専門店の佛心堂へ。出張修理もお任せ下さい。
仏壇引越センター
料金表 会社概要 おすすめの修理 ブログ
仏壇引越し・預り 仏壇引越し・預り
仏壇引越し・預り 仏壇引越し・預り
会社概要 会社概要 サイトマップ 価格 特定取引 メール
お問合せは、フリーダイヤル 0120-689-151
佛心堂は、古き日本の良い伝統を大切にしています。
当社は、仏壇修理の専門店が行っている、仏壇引越しの専門店です。
他社よりも早い、安い、安心、安全、丁寧です。

お仏壇は、お寺を縮小したもので、お寺まで行かなくとも
毎日、朝晩手を合せる事の出切る家の中で唯一ご先祖様と
繋がりの持てる、大切なものです。
お仏壇は、家具とは違い取り扱いには細心の注意が必要で
間違えた運び方をすると、歪んだり、ひび割れが入るなど
破損する事が有ります。
取付けている、電気配線や仏具も取外して運搬しなければいけません。
仏具も同様に1つ1つ丁寧に梱包する必要があります。
大きなお仏壇は、本体を分解して運搬する事をおすすめします。
当社は、お仏壇のプロのお店です。お仏壇の取り扱いはお任せ下さい。
引越しや移動をする際にお仏壇を綺麗にする事もおすすめします

                       お問合せは 担当 渡辺・小林 まで。
問合せTEL0120-689-151 問合せbutusindou@quartz.ocn.ne.jp
見積下見はもちろん無料で行ってます
お仏壇修理はこんな方にお勧めです。 
引越し 今お祀りしているお仏壇を、孫、曾孫の代までお祀りしたい。
引越し お仏壇本体にキズが多く、金箔もかなりはがれている。
引越し 年数20年以上
引越し 買い替えずに、今あるお仏壇を新品同様にしたい。
引越し 次の世代に引き継ぐ前にきれいにしておきたい。
引越し 先祖代々守ってきた来たので、これからも大切にしたい。
引越し 自宅をリホームするので、預かってもらうので。
 引越し 引越しで新しい家に据えるのでお仏壇も綺麗にしたい。
引越し時にお仏壇の移動は引越し屋さんに頼むのは心配に思ってる方や引越し屋さんに
断られた方も多いと思います。
ピアノや高級家具、調度品は専門の業者さんに依頼するように、
お仏壇引越しも専門の業者に依頼して下さい。

お仏壇を引越しする時は宗派、お寺さんによっては決まり事がある場合もありますが、
一般的には引越しの前に、魂を抜いて、移動後に魂を入れるようにします。
宗派によって言い方は違いますが「お性根抜き」と「開眼法要」が必要になります。
檀家のお寺に相談するのがいいです。

引越しされるときは、家具などの荷物より先にお仏壇を入れるように言われる
お寺さんもありますので、お寺さんに引越す旨を伝え必要な事が無いかご相談して
頂くのが良いです。

引越し先にある、お寺が分からないなどご相談頂けましたら、ご紹介もさせて頂きます。

引越し先の間口が狭く入らない・マンションのエレベータに入らないなどの
分解し移動しますので、お気軽にご相談下さい。

引越し先の仏間が狭く仏壇が入らない場合は、仏間の工事もお任せ下さい。

引越し・移動・預り・保管中に修理を行うと割引になります。
お見積の際にお伝え下さい。

お問合せの前に、大きさ・種類・移動先などをお問合せ方法をご覧いただきお問合せ下さい。
フリーダイヤル 0120-689-151 お気軽にお電話下さい。担当:渡辺
中国地方のお仏壇の引越し、預り 無料見積地区
岡山県、広島県、山口県、鳥取県 島根県、 見積無料
引越し・移動・預り・保管・修理は、お気軽にご相談下さい。

中国地方のお仏壇 引越し・移動を、仏壇のプロが責任を持って引越し・移動を行います。

中国地方のお仏壇 引越し・移動を他社さんよりもお安く、丁寧に引越し・移動を行います。

中国地方お仏壇 引越し・移動を責任を持ってプロが行うので早く、安い、安心、安全、丁寧です。

仏壇の引越し・預り修理の質問は、担当の渡辺にお気軽にお問合せ下さい。全国見積は無料です。
会社概要特定取引法プライバシーポリシーサイトマップ
    昔のお仏壇は、良い材料を使い職人の手作りで飾りは職人さんが一つ一つ手彫りで
    造り、蒔絵も膠や顔料、金粉を調合し職人が手書きで丁寧に仕上げたもので
    塗りも刷毛で何重にも塗り重ね磨き出した貴重なものです。
    当時は高額なもので据えられた方は代々手を合せてほしいと思いで据えたものです
    長年、朝晩、手を合わせ思いのこもった、掛替えのない貴重なものです
    これからもお仏壇を、ご家族皆さんで大切に手を合せて思いを繋いで下さい。

     ※お盆
    お盆は旧暦の7月15日を中心に行われる先祖供養の儀式で、先祖の霊があの世から現世に戻ってきて、
    再びあの世に帰っていくという日本古来の信仰と仏教が結びついてできた行事です。

    祖先の魂を迎え、送り出すまでの4日間のお盆の儀式

 ・13日  「迎え火」。夕方に庭先や門口でおがらを焚き、精霊に戻る家の場所を伝える。
 ・14、15日 精霊が家に留まっている期間。仏壇にお供え物をして迎え入れた精霊の供養をする。
 ・16日  「送り火」。迎え火と同様に火を焚き、帰り道を照らして精霊は再びあの世へ帰っていく。

    このほかの準備としては、台の上にゴザを敷き、位牌やお供え、ナスやキュウリに割りばしを
    刺してつくった牛や馬などを飾った精霊棚をつくるのが一般的で。また、14日か15日には、
    僧侶を家へ招き、お経や飲食の供養をする家庭もあります。

    お盆の概念は日本全国に広まっていますが、その風習は地方によってさまざまな特色を見せている。
    例えば、「精霊流し」や「灯篭流し」もその一例です。

    ※彼岸入りと期間
    春のお彼岸は3月18日〜24日までの7日間になります。
    秋のお彼岸は9月20日〜26日までの7日間になります。

    ・春分の日と秋分の日 この日を「中日」(ちゅうにち)と呼んでいます。
    ・お彼岸の初日    この日を「入り・彼岸の入り」と呼びます。
    ・終わりの日     この日を「彼岸明け」と呼んで最後の日となります。

    お彼岸は、以上のように「春分の日」「秋分の日」を中日として前後の3日を合わせ7日間です。
    お盆のように特別な準備やお飾りは必要ないですが、基本は家族揃ってご先祖様に手を合せます。

    【国民祝日に関する法律】には、春分の日は「自然を讃え、生物を慈しむ」、
    秋分の日には「先祖を敬い、亡くなった人を忍ぶ」となっています。

    お彼岸の期間中ならいつでも良いのですが、お墓参りは、
    やはり中日にお参りされる方が一番多いと言われます。
    お彼岸の期間には、春・秋共に先祖供養が行われれますが、
    春のお彼岸は単に「お彼岸」と言い、秋の場合には「秋彼岸」と呼んでいます。
    ※お寺の参拝方法
    1.山門に入ったら、本堂に向かって礼拝(45度程度、頭を下げる)。
    2.手水舎があれば手を荒い、口を濯ぐ。
    3.本堂の賽銭箱の前で礼拝。鐘があれば鐘をつく。
    4.蝋燭と線香があれば、それを上げる。
    5.賽銭を投じご本尊に向かい静かに合掌して祈る。
    6.賽銭箱の前から退出する前に拝礼。
    7.山門から出るときは本堂に向かって拝礼。

     ※参拝の流れ
    山門をくぐる時に会釈もしくわ合掌をします。手水舎がある寺院ではそこに備えられた
    柄杓を右手に取り、左手に水をそそいで左手を清め、次に柄杓を左手にもちかえて、
    右手に水をそそぐ、最後にもう一度、柄杓を右手にもちかえて左の手のひらを軽くすぼめ、
    そこに水を溜め口をすすいで口を清めます。
    本堂の賽銭前まで来たら手のひらからこぼすように静かに小銭を捧げます。
    また鐘があれば鳴らし、手のひらを合わせ深くお辞儀をします。
    このときは左右の手のひらは揃え拍手は打ちません。
    手を合わせたら祀られている仏様の名前や題目を唱え、願い事をします。
    最後に再び手を合わせ、深くお辞儀したのち一歩下がってから退去すれば参拝終了です。
    ※お坊さんの呼名

    阿闍梨(あじゃり
    僧侶になるための修行の師となる高僧を指します。天台宗や真言宗で使われる呼び方です。
    さらに上を大阿闍梨と言います。

    老 師(ろうし)
    阿闍梨と同様、指導する立場の僧の尊称です。禅宗系統で使われる呼び名です。
    年令には関係ありません。またその立場になくとも、手紙などで宛名の敬称として
    使われることもあります。師家や禅師も老師と同様の意味です

    院家(いんげ)
    門跡寺院の別院で本寺を補佐する寺の主が起源。浄土真宗では僧侶、住職を御院さんとも呼ぶ

    聖人  上人
    学問と徳を兼ね備えた人、の意味です。日蓮宗でよく使う呼び方です。日蓮は大聖人、
    日蓮大聖人の六人の高弟は聖人、普通のお寺の住職はお上人と呼ばれています。
    真宗系統でも、親鸞聖人のように聖人を使い、上人よりも格が上と考えます。

    大 師
    大師は偉大なる師、の意味で朝廷から高僧に与えられた称号です。
    日本で初めてこの称号を受けたのは、天台宗の最澄=伝教大師と真言宗の
    空海=弘法大師です。866年のことです。大師といえば弘法大師の名が有名ですが、
    大師の称号を受けた僧はたくさんいます。宗派の開祖では日蓮宗の日蓮=立正大師、
    浄土宗の法然=円光大師、浄土真宗の親鸞=見真大師、曹洞宗の道元=承陽大師などです。

    和 尚
    和尚は梵語のオッジャーの音写で、意味は先生または師匠です。
    人々に接して教えを説く僧を指します。天台宗では「かしょう」、浄土宗・禅宗系統では
    「おしょう」、真言宗・法相宗では「わじょう」と読みます。律宗では発音は同じ
    「わじょう」でも鑑真和上のように和上と書きます。浄土真宗では使わない呼び名のようです。

    住 職
    住職は住持職の略で、お寺を守るための住み込み専従僧侶です。お寺の代表者を指します。
    現在では、お寺が宗教法人であれば法律的な立場は代表役員となります。    
    宗派によっては、庵主あんじゅ住持などとも呼びます。
引越し・移動は、引越し・移動のプロのお任せ下さい。引越し・移動の際は修理もお任せ下さい。
問合せから納品までの流れ